Japanese Clothes -KIMONO-

着物の美しさは後ろ姿も大切

前に着物の姿の人を見ると一瞬でも目に止まりますよね。着付けも前ばかり気にしていたらいけません。後ろ姿こそが大切なのです。 まずは着物の背中部分にある背縫いの部分を背中心といい、必ず背中の真ん中にくるように着ないといけません。特に背中に紋がついてる着物は普通以上に難しく、紋がずれてしまうとせっかくの着物が台無しになってしまいます。 後ろ姿にはまず帯があります。帯の結び方も様々ありますが、まずは基本的な事を大切にしていきましょう。帯は緩みやすく、また下に落ちやすいため最初に帯の結びには十分に注意が必要です。もし帯が緩んだりしたらタオル地のハンカチを挟んで応急処置をしましょう!そして後ろ姿だったら目にいくのが後ろ襟です。前の襟元はきっちり閉じられている方が綺麗ですが、後ろ襟は拳一つほど抜くと綺麗に見えます。逆に抜き過ぎるとだらしなくみえるので着物を着る上でテクニックが必要とされるところです。 そして着物を着たら背中に神経を集中させて背筋を伸ばして歩きましょう!